読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6番目の星

A.B.C-Z新規ファンのひっそり沼日常。特に戸塚さんが好きですが箱推し

J Movie Magagine No.21

J Movie Magagine、戸塚さんが載っているというので購入した。

 

 

この手の本を買わずに生きてきたためよく知らなかったのだが「movie」とつくからには映画に出る人ばかりかと思っていたが舞台でも載るのだなぁと思った。

戸塚さんご本人が雑誌で「映画やドラマに出たい」というような話をしているのを年末年始の雑誌でたびたび目にしているので、是非次にこの雑誌に載るときは映画であってほしい。もちろんドラマでも構わない。

 

先日、2018年の朝ドラ作家さんがおすすめの俳優さんをTwitterで募って(?)いた。A.B.C-Zファンの方が作家さんへのリプライで戸塚さんを推しているのをたくさん見かけた。それについて「推すなんてみっともない」というような意見があったようだが私はそうは思わない。案の定、作家さんは「こういう時に『戸塚さん』のお名前をよく目にします、覚えておきます」と呟いてらっしゃった。ファンからリプライで推されてなかったら作家さんは戸塚さんのお名前を強く印象づけられなかったかもしれない。そう思うとリプライの数々は絶対に無駄ではないと思う。

 

さて、J Movie Magagineだが、8ページに渡って戸塚さんが載っていた。嬉しい。ドル誌でも8ページも戸塚さんが載るなんてことはまずないので本当に貴重だ。私は時にはオークションで切り抜きを買うときもあるのだが、こうして戸塚さんが一人で8ページも載っているということが嬉しすぎて雑誌を丸ごととっておきたくなる。

戸塚さんのお顔は不思議だ。世界遺産級の整った顔をしているがこれといって特徴のない顔のため、髪型、小物等でイメージがコロコロ変わる。雑誌での黒縁メガネ姿の戸塚さんは別の人物に見えるほどだった。買うのを迷っている方には是非おすすめしたい雑誌だ。

 

 

広告を非表示にする