読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6番目の星

A.B.C-Zド新規ファンの沼日常。特に戸塚さんが好きですが箱推し。備忘録。

「劇ナビ!!」に戸塚祥太さんが出演

エフエム世田谷の「劇ナビ!!」に舞台「Defiled」から演出の鈴木勝秀さんと我らがA.B.C-Z戸塚祥太さんが出演した。

前に屋良朝幸さんがこの番組に出たことがあり、そのときの出演は番組途中からだったのだが今回の戸塚さんたちは最初から最後までだったため驚いた。最初に戸塚さん作詞の2ndシングル「ずっとLOVE」をバックにプロフィール等紹介され、その後ゲストコーナーとして進行の方とトーク。普段は曲はかけない番組だそうだが一時間の番組の間に「ずっとLOVE」、「Reboot!!!」、そしてもう番組が終わりかな…と思ったところでデビュー曲「Za ABC」までかけてくださった。本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。

番組は三人で飲み屋で語っているような落ち着いたテンションで進められていった。途中遠くの方のカラスの鳴き声が入っていたりと微笑ましい。

何かの雑誌で読んだのでもう知っている情報もあったが、高橋由美子さんからのメッセージも読まれたり、戸塚さんは自転車を最近買って横浜まで自転車に乗って行ったりとか、演出家のスズカツさんと勝村さんとの関係だとか、ほかにもいろんなことが聴けて非常に濃い一時間だった。私は東京公演を観に行くのだが、「アトラクションのような感覚で」と戸塚さんがおっしゃっていたのを至近距離で感じることになる。緊張で口から心臓が飛び出そうなアトラクションである。戸塚さんはダイナマイトを作り図書館に立てこもる役。私たちはそれを観るというよりも人質のような気持ちになっているのだろうか。それとも空気のような存在になりつつ見守るのだろうか。暗く重い感じのイメージがあると思うがそればかりではなく楽しめるというようなお話だったのでますます楽しみになった。

初日まであと一週間ほど。本当に楽しみだ。

 

「SASUKE2017」での塚ちゃん

我らがA.B.C-Zの塚ちゃんこと塚田僚一さんが「SASUKE2017」に出場した。

 

まだ観ていない人にはネタバレになってしまうが、塚ちゃんは1stステージをクリアして2ndステージの序盤で敗退した。正直、1stステージで何回かハラハラするところがあった。本当によく頑張ったと思う。

 

塚ちゃんの素晴らしい所は、自分が成功したときには周りの人のおかげだと感謝し、失敗したときは自分のせいにするところだ。人間、これができそうでなかなかできないのである。 どうしても人のせいに、環境のせいにしたくなる。

 

今回、ジャニーズからは塚ちゃんだけでなくSnowManの岩本照くんも参加していた。かなりのマッチョで身体能力も高そうなので岩本くんのことも期待していた。しかしSASUKEというのは本当に難しいのであろう、1stステージの序盤で落ちてしまった。残念だ。是非、次回リベンジして欲しい。

 

SASUKEに出ている男性たちはみんな、クリアすることを目標としていて、お互いに「敵」ではなく「同士」として接しているのも観ていて楽しい点だ。男の友情を感じる。出場者の方々は、自分以外の人の様子を祈るようにして見ている。

もちろん塚ちゃんも、祈ったり祈られたり。自分のことではない、人のことで全力で喜んだり応援したり時には残念がったり。塚ちゃんの表情がくるくる変わる。かわいい。一緒に練習を重ねていた人のときは一緒に併走して応援したり、塚ちゃんは紛れもなく「応援屋」だった。

 

SASUKEの観覧に行かれていた塚田担のみなさんのツイートも放送後読んだ。塚ちゃんはSASUKE1stステージの次の日、あの「シブヤノオト」の生放送後に2ndステージの収録に参加したようだ。これには驚いた。てっきり、シブヤノオトの生放送の前に収録があったのだと思っていた。シブヤノオトでいつも通り全力のパフォーマンスを見せた後、現場に向かったが時間にもあまり余裕がなく、おまけにちょっとトラブルもありスタートの撮り直しがあったとか。そんな中でも頑張った塚ちゃん。ひれ伏して尊敬の念を伝えたい。

デビュー5周年シングルの発売が2/1で、それにまつわるプロモーションやら歌番組の出演やら、おまけにイベントで約25000人とのハイタッチまであった。塚ちゃんはいったいいつ練習していたのだろうか。塚ちゃんのSASUKEでの頑張る姿は、間違いなく観ている人の心を動かした。ファンである私もそのうちの一人で「痩せる宣言したんだった…」と思ってちょっと焦っているのであった。私も頑張ります。次に塚ちゃんに会うときには、今の自分よりより良い自分で会えるように。

A.B.C-Zファースト写真集「五つ星」を予約

TSUTAYA限定のA.B.C-Zファースト写真集を予約してきた。TSUTAYA限定のものはイベント応募はがきがついているそうだ。あと、店頭で注文すればポスターがついているらしい。

私は初回限定版と通常版を予約した。

 

 イベント応募はがきはTSUTAYA限定らしいので予約の際はご注意ください。

「ジュニアエラ」に戸塚さんおすすめの3冊

「ジュニアエラ」に戸塚さんが載っていると聞き購入。

 

ジュニアエラ 2017年 04 月号 [雑誌]

ジュニアエラ 2017年 04 月号 [雑誌]

 

 

子供はいるがなかなかこういった本は買ったことがなかったので新鮮だった。

戸塚さんは本の紹介をしていた。

ここにその三冊を紹介してしまうとネタバレそのものなので敢えて紹介はしない。

しかし、戸塚さんは児童書だとかも関係なく読んでいて非常に幅広く読書をされているなぁといった印象。本の紹介も非常にわかりやすい。

できればこういうお仕事を連載としてやってほしい。その前に「ダ・ヴィンチ」での連載を書籍化してほしい。あと、戸塚さんの本棚にある本を全部知りたい。全部読んでみたい。どんな本の影響を受けてきたのかものすごく興味がある。

ダイヤルA.B.C☆Eが終わってしまう?

A.B.C-Zがやっているラジオ「ダイヤルA.B.C☆E」が終わってしまうようだ。非常に残念。

しかし、「ザ゜少年倶楽部」と時間がダブってしまうようなのでしょうがないのであろう。

私の住んでいる愛知では聴けないので、聴ける地域の方のお世話になっていた。本当にありがたかった。

えっちゃんとA.B.C-Z個人個人の絡みがなかなか面白かった。

本当に寂しい。またあの組み合わせで番組が聴ける日がきますように。

ABC座株式会社応援屋!!〜OH&YEAH!!〜フラゲ

 

 3/14にフラゲした。「Reboot!!!」のときにフラゲできなかったので今回はリサーチしてフラゲできるネットショップで購入した。

 

ABC座2016は家族四人で愛知から東京まで観に行った。ABC座を観るためだけに新幹線に乗り日帰り旅行であった。四人分の新幹線代、食事代、チケット代等全部で10万円ほどであった。地方民には東京での観劇は本当にお金がかかるがジャニーズショップにも行けたのでなによりも舞台が楽しかったので良い。この舞台で家族もすっかりA.B.C-Zのファンになってしまった。観たのは昼公演だったのだが、引き続き夜公演を観る人たちの様子を見て「いいなー、夜も観れる人いいなー」と子供がしきりに言っていた。

 

肝心のBlu-rayであるが、10月の舞台を思い出させてくれる非常に素晴らしいBlu-rayだった。一度しか舞台を観ていないため、結構いろんなことを忘れているものである。家族で観ながら「あー、こんなシーンそういえばあったね!」と言いながら観た。家族で観に行くとBlu-ray化されたときにこういった楽しみ方ができるのだと知った。改めて家族全員で行って良かったと思った。

 

内容についてはネタバレになってしまうので書かないが、どの曲も素敵だ。私が一番好きなのは戸塚さんと河合さんが歌う「腐れ縁イン・ザ・レイン」だ。どこかブロードウェイを感じさせるオシャレなナンバーである。

 

どのシーンも歌もすごく好きなのだが、このBlu-rayで一番嬉しいのは、戸塚さんの髪型がとっても短いことだ。私は戸塚さんの短髪がすごく好きで、10/1のライブで短い髪を披露したときは感激でますます好きになってしまったほどだ(ここで完全に沼にハマってしまった)。

 

他にもおすすめはたくさんありすぎて書けないが、あたたかくなれる舞台だ。誰かを応援している人、応援されたい人、頑張っている人、これから頑張りたい人におすすめしたい。応援屋からたくさんの元気をもらえるはずだ。そして、観終えた人はみんな、応援屋に就職しているのであった…!

プラスアクト(+act.)2017年4月号

戸塚祥太さんが載っているのでプラスアクトを購入した。

 

 戸塚さんのページは全部で6ページ。写真が4ページ、インタビューが2ページ。

舞台「Defiledディファイルド)」について語っていて舞台が近づいていることを少しずつ実感できる。

写真がまた素晴らしい。ひとつも脱いでないのにこんなに色っぽいとは…!全国の戸塚担がバッタバッタと倒れていく姿が目に浮かぶ。私のお気に入りの写真はP53の下の写真。壁の方を向いているのだが艶かしくて好きだ。

脱いでいないほうが色っぽく見える男性、それが戸塚祥太さんのような気がするのは私だけではないはずだ。

J Movie Magagine No.21

J Movie Magagine、戸塚さんが載っているというので購入した。

 

 

この手の本を買わずに生きてきたためよく知らなかったのだが「movie」とつくからには映画に出る人ばかりかと思っていたが舞台でも載るのだなぁと思った。

戸塚さんご本人が雑誌で「映画やドラマに出たい」というような話をしているのを年末年始の雑誌でたびたび目にしているので、是非次にこの雑誌に載るときは映画であってほしい。もちろんドラマでも構わない。

 

先日、2018年の朝ドラ作家さんがおすすめの俳優さんをTwitterで募って(?)いた。A.B.C-Zファンの方が作家さんへのリプライで戸塚さんを推しているのをたくさん見かけた。それについて「推すなんてみっともない」というような意見があったようだが私はそうは思わない。案の定、作家さんは「こういう時に『戸塚さん』のお名前をよく目にします、覚えておきます」と呟いてらっしゃった。ファンからリプライで推されてなかったら作家さんは戸塚さんのお名前を強く印象づけられなかったかもしれない。そう思うとリプライの数々は絶対に無駄ではないと思う。

 

さて、J Movie Magagineだが、8ページに渡って戸塚さんが載っていた。嬉しい。ドル誌でも8ページも戸塚さんが載るなんてことはまずないので本当に貴重だ。私は時にはオークションで切り抜きを買うときもあるのだが、こうして戸塚さんが一人で8ページも載っているということが嬉しすぎて雑誌を丸ごととっておきたくなる。

戸塚さんのお顔は不思議だ。世界遺産級の整った顔をしているがこれといって特徴のない顔のため、髪型、小物等でイメージがコロコロ変わる。雑誌での黒縁メガネ姿の戸塚さんは別の人物に見えるほどだった。買うのを迷っている方には是非おすすめしたい雑誌だ。

 

 

広告を非表示にする

「Defiled」のチケット

昨日、ファンクラブで当選した戸塚祥太さん出演の舞台「Defiled」のチケットが到着した。

今までの席運の悪さはこのために悪かったのではないかと思うほどの席であった。嬉しい。ファン歴が浅いので、A.B.C-Zのファンクラブからチケットが届くのはこれが初めてだ。(初めての応募、当選はサクラパパオーだがまだ届いていないため)

 

実は最近仕事が忙しく、おまけに仕事以外の用事も山積みで充実しつつもヘトヘトだった。まむしドリンク飲んだって癒えない私の体の疲れを「Defiled」のチケットが癒やしてくれた。また明日から戸塚さんのために(?)頑張って働こう。

 

ダ・ヴィンチ 2017年4月号

ダ・ヴィンチ 2017年4月号

 

 ダ・ヴィンチの戸塚さん、本当に素敵だったので読んでない方は是非。

 

 

 

 

「ダ・ヴィンチ2017年4月号」&塚ちゃんの髪の色

戸塚さんが「ダ・ヴィンチ」に載るとのことで仕事帰りに買ってきた。ちょっと髪の毛が長い気がするが素敵である。ダ・ヴィンチさんの写真は連載「ジョーダンバットが鳴っている」のときも本当に素敵だった。どうか戸塚さんの連載が書籍化されますように。できればまた連載が始まって欲しい。以前、Twitterにて「紙(メールではなく手紙)での要望書等はプレゼン等の際に絶大な効果を発する」という文章を読んだので、とりあえず書籍化の要望を直筆の手紙で出してみようと思う。

戸塚さんの紹介されていた本「イリュージョン」は完全に同じ文庫本は今は販売されていないようだ。残念。

 

イリュージョン―悩める救世主の不思議な体験 (集英社文庫)

イリュージョン―悩める救世主の不思議な体験 (集英社文庫)

 

文庫本は中古でも無かったが(他の訳者のものはあるようだが)単行本の方は同じ訳者のものが出ていたので購入した。読むのが楽しみだ。

 

イリュージョン―悩める救世主の不思議な体験

イリュージョン―悩める救世主の不思議な体験

 

 

 

 

そして今日3/6、今井翼さん主演の舞台「マリウス」を戸塚さんと塚ちゃんが一緒に観劇していたという目撃情報が入ってきた。目撃情報によると「プリン金髪」。プリン…?先日の舞台の会見ではスプレーで染めていたのだろうか(実際にそう予想していた人もいた。まだらだったということもあるだろう)。やはり本番はあのチラシのように「毛色 金」なのだろうか。そのあたりもすごく楽しみである。