読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6番目の星

A.B.C-Z新規ファンのひっそり沼日常。特に戸塚さんが好きですが箱推し

戸塚祥太さんの影響

読書が好きだ。

ヒットした作品を読むというよりは、ポッと読んだ本が面白いとその人の作品を全部読んでみるタイプ。今までにハマったのは山田詠美さんと原田宗典さん。小説も好きだがビジネス書等も好きだし、零戦の本なんかも好きで読む。

 

ところが最近めっきり読書量が減っていた。理由は単純だ。仕事で疲れてしまい、映像などのほうに逃げがちだった。読書は思ったより集中力が要る。音楽を聴きながら家事をすることはできても、音楽を聴きながら読書をすることは難しい。エッセイならそれなりにできても、小説だとなかなかそうはいかない。

 

それでも沖縄旅行へ行くあたりからまた読書を再開していた。戸塚さんが好きな伊坂幸太郎さんの本。「残り全部バケーション」だ。

これは沖縄旅行で読んでしまった。面白かった。

 

残り全部バケーション (集英社文庫)

残り全部バケーション (集英社文庫)

 

 

旅行中に読み切ってしまったため、沖縄のイオンの書店で伊坂さんのエッセイ本を購入してしまった。

読書には勢いも必要だと思っているので読みたいと思ったらすぐに買うことも大事だ。

 

仙台ぐらし (集英社文庫)

仙台ぐらし (集英社文庫)

 

 まだ途中なのだがなかなか面白い。ところどころクスッと笑える。

 

戸塚さんが伊坂さんの本を全部持っているとおっしゃっていたので、私も伊坂さんの本を全部読んで見ることにした。まずは手始めにネットオフにて文庫本を20冊ほど注文した(手始めの数ではない気がするが)。

戸塚さんは3/1から舞台「Defiledディファイルド)」の稽古が始まったようだ。私も4月の東京公演を観に行くことになっていて先日飛行機を予約した。舞台を見る日までに何冊読めるだろうか?好きな人と同じ本を読んでいる、それだけでファンは幸せなので、できれば戸塚さんの本棚を公開してほしい。